いつものようた

私ようたがハッと気が付いたことや、日々の楽しみ、また皆様のお役に立てるようなことをお知らせしようと思っております!

合唱の練習方法は?美しいハーモニーの作り方をお教えします!

      2017/09/22


LINEで送る
Pocket

皆さんに質問!

合唱は何で出来ているでしょうか?

 

突然訳の分かんない質問ですが・・・これ、とても大切です。

 

答えは簡単、

 

歌詞
メロディー
ハーモニー

 

この3つです。

 

歌のソロなどの場合は、

ハーモニーは伴奏が演奏してくれます。

 

ところが、合唱の場合は伴奏だけではなく、合唱団もハーモニーを演奏します。

合唱はハーモニーを作り出せるアンサンブルなんですよね。

 

さて、そんなハーモニーってやっぱり美しく演奏したいですよね!

今回は、どうやってハーモニーを美しくするのか?

それについてお知らせしていきます。

合唱の練習方法や選曲、指揮のコツなどはこちらでまとめてお知らせしております!
合唱の練習総まとめ!クラス合唱にも役立つ選曲から本番まで!

スポンサーリンク

美しいハーモニーを作る合唱練習とは?

僕は学校で、音楽授業では主に合唱を、放課後には吹奏楽を教えております。

合唱も吹奏楽もハーモニーを作り出すアンサンブルなんです。

 

なので、とてもよく似ているところもあります!

 

ということで、さっそく行きますよ~。

美しいハーモニーを作る目的は?

そうなんです。これってとても大切なことですよね。

なんで、ハーモニーを美しく作るのか?そもそものところで、ハモれていない・・・ってことになかなか気が付かないものです。

 

ちょっと実験、

お友達2人で、同じ音程の声を出してみて下さい。

声を少しづつなじませて、全く同じ声になるように・・・

 

そうすると、ちょっとコツを見つけると、全く同じ声で、2人の声がうねらない状態が作れましたか?

一瞬でも同じ真っ直ぐな混じりのない声になった時って、ちょっと感動ですよね?

 

それで、同じ真っ直ぐな声を体験できると、そんな状態にず~っとしていたくなる。

不思議ですよね。

 

同じ声だと、すぐにできるのですが、1オクターブとか、ドとソとかドとファとか、そんな音程になると、

難しくなります。

 

でも、こうやって他の声同士でぴったり真っ直ぐに音が聞き合えると、本当に心地良いんですよ。

そうなんです。ハーモニーを整える目的は、

 

”心地良いから”

 

に尽きます。

 

でももっと音楽として広げていくと

・ハーモニーの明るい、暗い、悲しい、嬉しいなどの感情が表せるようになる

・そもそも、きちんとハーモニーが出来ていると、スッキリ聞こえる

・合唱の響きが大きく増える

・遠くまで合唱の声が届く

・合唱の響きが輝かしくなる

・合唱の響きが柔らかくなる

 

やはりハーモニーが美しくなると良い事ばっかりですね!

ハーモニーって何?

ハーモニーって音一つでは表せないものですよね。

2台のピアノを例えに使うのがとっても解りやすいのですが、

真ん中のドの音をピアノで弾き、もう一台でも全く同じ真ん中のドを弾きます。

 

そうすると、ハーモニーは出ないです。

当たり前です。

でも、音は2倍に増えるので、音が太りますよね。

 

 

ハーモニーを出すには、音程が違う、2つ以上の音がなければならないですよね。

2つの音でもハーモニーは出せるのですが、

実は3つの音を出す事の方がハーモニーとして強く主張できるのです。

 

例えば、ドミソ と ラドミ

IMG_4341

楽譜①

 

これをピアノで弾いてみると、・・・・

なるほど・・・

 

なんですが、試しに、ドとミ、とか ドとソ

など、音を2つだけの場合と比べると、やっぱり3つの方が主張が強いんです。

 

実は音4つにこんな風にすると、更に強くなります。

IMG_4342

楽譜②

 

ピアノで是非弾いてみて下さいね。

実際に聞いてみるとよく感じられます。

 

それからハーモニーって大きく分けて明るいハーモニー(和音)と暗いハーモニー(和音)があるんです。

楽譜①のドミソって明るいのですが、

それに比べて隣のラドミって暗くないですか?

 

そうなんです、音の使い方によってはハーモニーって明るくもなるし、暗くもなるんです。

これって凄いことだと思いませんか?

 

実は、合唱には歌詞があるので、悲しい歌詞の時には、暗い和音を使っていたり、

ちょっと悲しい歌詞なのに、明るい和音を使っていたり。

 

ハーモニーって歌詞の想いを手伝ってくれる大切な背景を作っているんです。

だからハーモニーを整えて、正しい響きを表現してあげると、歌詞が引き立ったり、どんな曲なのか解りやすくなったりしますね。


スポンサーリンク

美しいハーモニーの作り方は?

そうなんです。理屈は解っても美しく整える方法って難しいですよね~。

合唱あるあるトークで、

 

ちょっと男子~~~、もっと声出して~~~・・・

声が汚いんだけど、もっと丁寧に出して~~~、男子~~~。

 

これよくあります。

実は、ハーモニーが整うと、声が良く響いて聞こえて、大きく聞こえたり、美しい声になったり、

そんな良い事があります。

なので、合唱も気合根性はとっても必要なのですが、響きを合わせるテクニックも大切なんです。

まず最初にやるべきことは次のコレになります。

 

①出ている声をよく聞きあう

 

これです。

 

要は、落ち着いて聴けているか?です。

この聴くという事なのですが、自分の声が聴いちゃあダメです。

普通にしていて自分の声が一番聞こえてくるので、周りの声のみを聴こうとして見て下さい。

 

そうすると、不思議と、声が溶け合ってきます。

あ~ら、不思議!

 

とくに何もしていないです。

 

あ~ら不思議

 

人間の体って、自然に動くもんなんです。

耳を澄ませて、一緒になろう、と思って寄り合うと、自然に合唱の声がまとまってきます。

 

次はそんな声を更に美しいハーモニーにする方法です。

 

②軟口蓋を上げるように気をつける

nodo

kissmusic.netから出典

 

軟口蓋って聞いたことありますか?

 

合唱や声楽を勉強されている方にはお馴染みの口の場所ですが、

舌で上あごを歯茎から順に上に奥に触れていくと、突然柔らかくなる部分ありますよね。

 

もっと奥に行くとノドチンコがあります。

そんな鼻と口の間のような柔らかい口蓋部分を軟口蓋と言います。

 

ここを上に上げるんです。

そうすると、口の容積が増えて、声が一層響くようになるんですね。

 

それで、ちょっと実験で、

鏡でご自分の口の中を見ながら、軟口蓋を上げてみませんか?

 

上げ方は”あくびの口”をしてみて下さい。

実際に”あくび”しても大丈夫です。

 

それを鏡で見ると

お~~~。

上に開きますよね。

 

なんかノドチンコあたりも、上に上がるような感じです。

扁桃腺の奥の喉までぽっかり見えますよね。

 

では、練習です。

 

普通の口(2秒)→あくびの口(5秒キープ)

 

出来ましたか?

 

次は、軟口蓋が上がった口で、声を出してみます。

鏡を見ながらやってみると良いですよ。

ア~~~~

 

出来ましたか?

軟口蓋を上げた状態でア~~~~~です。

 

大切な事は、よくありがちな合唱トークで、

 

”口を大きく開けなさい”

 

なんですが、

顎を下にとにかく開けても全然だめです。

軟口蓋が下がってしまって、声が落ちたダラシナイ声になってしましますからね。

 

この軟口蓋に響きを作る、発声で、ハーモニーを作ってみて下さい。

本当に整いやすいですよ!

 

③ハーモニーの入りと切りを合わせる

これもとても大切です。

 

せっかくのハーモニーを聞きあえて響き合っていても、一緒に声の出始めが揃わなければ、やはりバラけて不安定に聞こえてしまいます。

もちろん、ハーモニーの最後も美しく一緒に切る(声を丁寧におさめる)ことができると、とっても美しく、丁寧な合唱に聞こえますよ!

 

揃わないときは、ブレスを揃えることもやはり大切です。

 

実はこの音の出始めと収め方は、一人で練習している時も基本中の基本になります。

 

上手な方の演奏って必ず声の始まりが美しく、声の最後も美しいです。

 

ところが、よくある失敗は

・声が下がったところから上がる(掘っている声)

・出したい音程への身体の準備が出来ていない

・出したい音程を頭の中で準備が出来ていない

 

など歌声や合唱の丁寧さに欠ける時がよくあります。

 

やっぱり、ソロでもパートでも声の出始めと収め方は丁寧に揃うと、ハーモニーに美しい説得力が生まれます。

 

④ハーモニーの5度音程や8度音程(オクターブ)を先に整える

これちょっと難しい話です。

先ほどの楽譜①のドミソに上のドを加えた楽譜③を見てみて下さい。

IMG_4344

楽譜③

 

音程って、音と音との距離のことなんですが、それを、○度という言い方をします。

例えば、ド~ソであれば、ド、レ、ミ、ファ、ソ の5つの音があるので5度です。

ド~ドであれば、8個の音があるので、8度ですね。一般的には8度のことは1オクターブって言いますけど。

 

それで、この8度とか5度って響きがとっても解りやすくて、また明るい、とか暗いとかの表情がない音程なんですね。

 

なので、純粋なというか、単調な響きとしてとても美しい

というとっても解りやすい音程なんです。

 

一番解りやすい音程は、1度です。

全く同じ音同士ってことですよね。

 

なので、この1度、5度、8度、などの音程を整えると、ハーモニーは一気に整い始めますよ!

 

①②③④のこれらを気を付けながら、ハーモニーを作ると、

先ほどの楽譜③のミの音(第3音)は自然に入るべき場所に溶け合うように入るようになりますよ。

 

まとめ

まずは美しいハーモニーの作り方の大切な基礎をお伝えしました。

本当は、実際の合唱の楽譜とかを一緒に見ながら、この音は和音の中での役割がこうだから・・・

などなど、応用の使い方も大切なのですが、まずは基礎が一番大切です。

 

ハーモニーを聴くことから始めて、軟口蓋の事、一緒に演奏する事、また和音の事

そんな順序で合唱のハーモニー作りをしてみると、美しいハーモニーが直ぐに見えてきますよ~。

 

合唱の凄味は、ハーモニーです。

 

素晴らしい歌詞を一層引き立てるのはハーモニーです。

 

そんな合唱のスッキリした響きをみんなで体験できたときには、鳥肌立ちますよ~~~。
ありがとうございました!


おすすめ関連記事(一部広告も含みます。)

LINEで送る
Pocket

 - 合唱, 音楽

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

Scroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。